鉱物油が肌に与える影響

鉱物油(ミネラルオイル)が配合されているスキンケア用品を使用しない方がよい理由として挙げられるのは鉱物油イコール石油ということです。

 

ですが、中にはスキンケア用品に配合されている鉱物油はガソリンや灯油などと比べてものにならないくらい精製度が高いので、問題ないという見方をする人もいます。

鉱物油は落ちにくい

それでもやはり、鉱物油の使用を避けるべきなのです。その理由として、1つ目は「鉱物油は落ちにくい」からです。鉱物油の使用を避けたい最もな理由と言いますと「洗っても落ちにくい」という事です。

 

クレンジングや洗顔をしても綺麗に落としきるというのが非常に困難となってしまうのです。

 

なので、鉱物油を配合されてるスキンケア用品を毎日使い続けると、洗顔等で落とし切れなかった鉱物油が残ってしまい、それが蓄積されてしまうと、肌に鉱物油の薄い膜のようなものができてしまう可能性があるのです。

 

鉱物油の膜が肌にピッタリついてしまうと、スキンケア用品の有効成分の浸透を妨げてしまいます。

 

それだけでなく、古い角質が自然にはがれ落ちていくという肌のターンオーバーのメカニズムさえも阻害してしまうこともつながってしまいます。

 

鉱物油の膜が肌に有効な成分を入るのを邪魔してしまい、つけてもつけても満足しないのでスキンケア用品の過剰使用にも繋がってしまいます。

クレンジングのやりすぎを招いてしまう

2つ目の理由は「鉱物油配合のスキンケア用品は洗顔やクレンジングのやりすぎを招いてしまう」からです。

 

洗っても落ちにくい性質を持っている鉱物油なので、洗い上がりをスッキリさせたいと強力なクレンジング剤や洗顔料を使用するようになり、一度では落ちないので何回も使うことになってしまうこともあります。

 

洗顔やクレンジングのやりすぎは、肌に必要な皮脂と保湿成分の潤いまで奪ってしまい、肌の乾燥を招いてしまう原因となってしまいます。

 

鉱物油が含まれているスキンケア用品を使い続けてしまうと、スキンケア用品やクレンジング、洗顔を多く使ってしまい、それが肌へ刺激となってしまい、新たな肌トラブルを引き起こしてしまう要因になってしまうのです。

 

敏感肌の方は植物性の物や無添加商品を検討してみるのも良いでしょうね。